報道発表

日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定に基づく高耐熱性ケース技術に係る共同研究に関する書簡の交換

平成30年7月27日

  1. 1 本27日,東京において,我が方河野太郎外務大臣と先方ウィリアム・ハガティ駐日米国大使(Mr. William Hagerty, U.S. Ambassador)との間で,日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定に基づく高耐熱性ケース技術に係る共同研究に関する書簡の交換が行われました。

    2 本件共同研究は,誘導弾の飛翔性能向上を目的として,新たな固体燃料ケースの形成に応用するための高耐熱性樹脂の硬化技術を研究するものです。

    3 本件共同研究の実施のための交換公文については,日米間で推進する防衛協力の一環として,日米両政府間において協議が行われてきたところ,今般,双方の間で最終的な了解を得るに至り,標記の書簡の交換を行うこととなったものです。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る