報道発表

中南米次世代日系人指導者一行による河野外務大臣表敬

平成30年7月2日

  • 中南米次世代日系人指導者一行による河野外務大臣表敬1
  • 中南米次世代日系人指導者一行による河野外務大臣表敬2
  1.  本2日午後4時05分から約20分間,河野太郎外務大臣は,外務省の招へいにより訪日中のアルゼンチン,ウルグアイ,キューバ,チリ,ドミニカ共和国,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,メキシコの次世代日系人指導者15名の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 河野大臣から,それぞれの国の日系社会で活躍されている方々の訪日を歓迎する,各国で日系人の方々が築いてきた信頼が,そのまま日本への信頼につながっている,これまで各国で努力されてきた上の世代の方々に感謝申し上げる,本日お越し頂いた方々には今後国境を越えたネットワーク作りをお願いしたい旨述べました。

    2 また,河野大臣から,一行が参加した6月29日の「中南米日系社会ネクストリーダーズ・フォーラム」では,日系人・日系社会が果たしうる役割,日本との連携などについて活発に意見交換がなされたと承知しており,在日日系社会を含む他の日系社会や団体とのネットワーク作りもお願いしたい旨述べました。

    3 これに対し,一行から,日本政府の中南米日系社会との関係強化の取組や今般の招へいに謝意を表明し,今後,日本と中南米の絆をより大切にしながら,国境を越えた日系社会のネットワーク作りに努めていきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る