報道発表

日仏外相電話会談

平成30年5月18日

  1.  本18日午後8時00分から約25分間,河野太郎外務大臣は,ジャン=イヴ・ル・ドリアン・フランス共和国欧州・外務大臣(H.E. Mr. Jean-Yves Le Drian, Minister for Europe and Foreign Affairs of the French Republic)と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣から,パリ市内で発生したナイフによる襲撃事件の犠牲者に心から哀悼の意を表しました。これに対し,ル・ドリアン大臣から,河野大臣からのお見舞いの言葉に謝意を述べました。

    2 イラン核合意について,河野大臣から,日本は引き続き合意を支持するとの立場を述べた上で,両大臣は,当事国による核合意の履行が継続されることが重要であることを確認するとともに,合意の維持に向け緊密に連携していくことで一致しました。

    3 両大臣はまた,北朝鮮による完全な,検証可能な,かつ不可逆的な核・ミサイル放棄を実現させるため,両国で引き続き緊密に連携していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る