報道発表

CV-22オスプレイの横田飛行場配備

平成30年4月3日

  1. 1 本3日,在日米軍は,米空軍CV-22オスプレイの横田飛行場への到着について発表しました。この発表及び米国政府からの説明によれば,米国政府は,太平洋地域における安全保障上の懸念に対応するため,平成29年に発表したスケジュールを変更し,今年の夏頃に,5機のCV-22を横田飛行場へ配備する予定です。また,この配備に先立ち,今週後半に地域の安全保障の訓練のため,横田飛行場に一時的な立ち寄りを行うとしています。更に,今後数年間で段階的に計10機のCV-22と約450人の人員を横田飛行場へ配備する予定です。

    2 政府としては,我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中,高い性能を有するCV-22が我が国に配備されることは,米国のアジア太平洋地域へのコミットメント及び即応態勢整備の観点から,日米同盟の抑止力・対処力を向上させ,日本の防衛及びアジア太平洋地域の安定に資すると考えています。

    3 また,CV-22の日本国内における飛行運用に際しては,安全面に最大限の考慮を払うとともに,地元に与える影響を最小限にとどめるよう日米で協力していく考えです。

    [参考]
     CV-22の横田飛行場への配備については,米側は平成27年5月に,平成29年後半より配備するとしていたが,平成29年3月に,配備を2020米会計年度(平成31年10月~平成32年9月)に延期する旨公表していた。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る