報道発表

日独外相電話会談

平成30年3月29日

  1.  本29日,午後4時55分から約20分間,河野太郎外務大臣は,ハイコ・マース・ドイツ連邦外務大臣(H.E. Mr.Heiko MAAS, Federal Minister for Foreign Affairs of the Federal Republic of Germany)と日独外相電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣からマース大臣の就任につき祝意を述べた上で,ドイツは基本的価値を共有する重要なパートナーであり,国際社会の諸課題においてマース大臣と緊密に連携したい旨述べました。これに対し,マース大臣から謝意が表され,日独関係の更なる発展のために緊密に連携していきたい旨述べました。

    2 両大臣は,北朝鮮問題に関し意見交換を行い,北朝鮮の検証可能かつ不可逆的な核・ミサイル放棄を実現させるため,圧力強化を含め,両国で緊密に連携していくことで一致しました。

    3 また,両大臣は,英国における元ロシア情報機関員襲撃事件及びイラン核合意に関しても議論しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る