報道発表

カンボジアに対する国連世界食糧計画を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

平成29年10月27日

  1. 1 本27日(現地時間同日),カンボジア王国の首都プノンペンにおいて,ハン・チュンナロン教育青少年スポーツ大臣(H. E. Dr. Hang Chuon Naron, Minister, Ministry of Education, Youth and Sport)の立会の下,我が方堀之内秀久駐カンボジア大使と先方ナンシー・ウォルター国連世界食糧計画(WFP)カンボジア事務所所長(Mrs. Nancy Walters, Cambodia Representative and Country Director, the United Nations World Food Programme)との間で,カンボジアに対するWFPを通じた食糧援助として供与額3億5,000万円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 カンボジアは,農村部のインフラ整備の遅れや,かつての内戦時に埋設された地雷等による影響から農業生産基盤は不十分であり,慢性的な食料不足の状況にあります。さらに本年は雨季開始前に気温の低下や激しい降雨が発生し,農産物への影響による食料価格の高騰が懸念されているうえ,昨年まで続いたエルニーニョ現象により,全世帯の13%が追加的な借金を余儀なくされ,世帯の約50%が負債を抱えており購買力が低下しているとみられています。これらの影響により,同国の特に貧困地域においてより一層栄養・食料事情が悪化する可能性があります。

    3 今回の協力は,カンボジア政府の要請を踏まえ,WFPを通じ,食料(東日本大震災の被災地で生産された魚缶詰)を供与することにより,同国の食料安全保障を改善し,開発課題の解決に寄与すること等を目的として実施するものです。

    国連世界食糧計画(WFP)概要(PDF)別ウィンドウで開く

    [参考]カンボジア王国基礎データ  カンボジアは国土面積約18.1万平方キロメートル(日本の約0.48倍),人口は約1,558万人(2015年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は1,140米ドル(2016年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る