報道発表

インドに対する円借款及び無償資金協力に関する書簡の交換

平成29年9月14日

  1. 1 本14日(現地時間同日),インドのガンディナガルにおいて,日印首脳会談の後,安倍晋三内閣総理大臣及びナレンドラ・モディ首相(H.E. Mr. Narendra Modi, Prime Minister)の立会いの下,我が方平松賢司駐インド大使と先方スバーシュ・チャンドラ・ガルグ財務省経済局次官(Mr. Subhash Chandra Garg, Secretary, Department of Economic Affairs, Ministry of Finance)との間で,円借款5件及び無償資金協力1件に関する書簡の交換が行われました。

    2 円借款案件の概要及び供与条件案件の概要

    (1)ムンバイ・アーメダバード間高速鉄道整備計画(1,000億円)
     この計画は,マハラシュトラ州ムンバイからグジャラート州アーメダバード間において,日本の新幹線システムに基づき,高速鉄道及び研修施設を建設することにより,大量かつ高頻度な旅客輸送システムの構築を図り,もってインド国内広範囲における効率的な旅客輸送システムの実現を通じて,連結性の強化に寄与することが期待されます。

    (2)グジャラート州アラン及びソシヤ地区シップリサイクル環境管理改善計画(85億2,000万円)
     この計画は,グジャラート州アラン及びソシヤ地区において,シップリサイクル(船舶の解体・撤去)関連施設等を改善し国際条約に適合するシップリサイクル方法を導入することにより,シップリサイクルにおける環境管理及び労働衛生管理の改善を図り,もって同国の環境保全と持続的産業発展を通じて,産業競争力の強化及び持続的で包摂的な成長への支援に寄与することが期待されます。

    (3)北東州道路網連結性改善計画(フェーズ2)(386億6,600万円)
     この計画は,インド北東州地域において,国道40号線の改良及び国道54号線のバイパス新設等を行うことにより,同地域内及び国内外他地域との連結性向上を図り,もって同地域内の経済開発を通じて,連結性の強化に寄与することが期待されます。

    (4)コルカタ東西地下鉄建設計画(第三期)(259億300万円)
     この計画は,西ベンガル州のコルカタ都市圏において,大量交通輸送システムを建設することにより,増加する輸送需要への対応を図り,もって同都市圏の交通混雑の緩和と交通公害減少を通じた地域経済の発展及び都市環境の改善を通じて,産業競争力の強化に寄与することが期待されます。

    (5)グジャラート州投資促進プログラム(168億2,500万円)
     この計画は,グジャラート州において,財政支援を通じて海外直接投資等の民間投資促進や産業振興,産業人材育成に関連する政策・制度の改善を促すことにより,同州の道路,電力,水道等のインフラ投資環境の整備を図り,もって同州に対する海外直接投資等の民間投資増加を通じて産業競争力の強化に寄与することが期待されます。

    3 円借款案件の供与条件

    (1)上記2(1)

    (ア)金利年0.10%
    (イ)償還期間50年(15年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件タイド

    (2)上記2(2),(3)及び(4)

    (ア)金利年1.20%(コンサルティングサービス部分は年0.01%)
    (イ)償還期間30年(10年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件一般アンタイド

    (3)上記2(5)

    (ア)金利年0.60%
    (イ)償還期間15年(5年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件一般アンタイド

    4 無償資金協力案件の概要

    (1)ヴァラナシ国際協力・コンベンションセンター建設計画(22億4,000万円)
     この計画は,ヴァラナシ市において国際協力・コンベンションセンターを建設することにより,国内外の人的・文化的交流の促進を図り,もって観光分野の振興を通じた産業競争力の強化に寄与することが期待されます。

    (参考)インド基礎データ
     インドは,面積約329万平方キロメートル(日本の約8.7倍),人口13億2,400万人(2016年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)1,680米ドル(2016年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る