報道発表

河野外務大臣とネタニヤフ・イスラエル首相兼外務大臣との電話会談

平成29年8月30日

英語版 (English)

  1.  本30日,午後3時50分から約10分間,河野太郎外務大臣は,ビンヤミン・ネタニヤフ・イスラエル首相兼外務大臣(H.E.Mr.Benjamin Netanyahu, Prime Minister and Minister of Foreign Affairs of the State of Israel)との間で電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣からネタニヤフ首相兼外務大臣に対し,自身の外務大臣就任の挨拶を行い,中東と日本の関係深化に努めるとともに,日・イスラエル両国の関係を一層強化・発展させていきたい旨述べました。また中東の諸問題に関与していく決意を表明しました。

    2 続いて,河野大臣より,北朝鮮によるミサイル発射別ウィンドウで開くに関する我が国の立場と,国際社会による圧力の必要性を説明しました。

    3 これに対し,ネタニヤフ首相兼外務大臣から河野大臣に対し,河野大臣の外務大臣就任に祝意を述べるとともに,北朝鮮の問題を含め,中東和平問題をはじめとする多岐な問題について日本と協議していきたい,また二国間関係のさらなる発展のため,今後とも河野大臣と積極的に協力していきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る