報道発表

薗浦外務副大臣のアラブ首長国連邦訪問(結果)

平成29年6月25日

  • 薗浦外務副大臣のアラブ首長国連邦訪問
  1. 1 本25日(現地時間同日),薗浦健太郎外務副大臣はアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを訪問しました。

    2 薗浦副大臣は,ラマダン明けの祭り(イード)にあたり,ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンUAEアブダビ皇太子(H.H. General Sheikh Mohammed bin Zayed Al Nahyan, Crown Prince of Abu Dhabi, the United Arab Emirates)に直接祝意を伝達するとともに,アブダッラー・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンUAE外務・国際協力大臣(H.H. Sheikh Abdullah bin Zayed Al Nahyan, Minister of Foreign Affairs & International Cooperation of the United Arab Emirates)と会談しました。

    3 会談では,政治・教育・文化等の幅広い分野における両国の戦略的パートナーシップの強化に向けた方策について意見交換がなされました。

    4 また,最近のカタールをめぐる情勢に関して,薗浦副大臣から,中東の平和と安定には,湾岸協力理事会(GCC)の結束が維持されることが重要であること,本件が当事者間での対話によって解決されることを期待していること,及びクウェートの仲介努力を支持しているという我が国の立場を伝達しました。

    5 これに対し,アブダッラー大臣からは,本年4月の訪日に続く再会を嬉しく思う,経済を超えた幅広い分野で日本との関係が深化していることを高く評価する旨言及がありました。また,カタールを巡る情勢について,UAEの立場に関する説明があるとともに,我が国企業に対する協力の意向が表明されました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る