報道発表

薗浦外務副大臣の米国およびフランス訪問

平成29年6月1日

  1. 1 6月4日から8日まで,薗浦健太郎外務副大臣は,米国及びフランスを訪問する予定です。

    2 米国では,ワシントンD.C.において,米国ユダヤ人協会(AJC)主催のグローバル・フォーラムに出席するとともに,米国政府関係者,連邦議員及び有識者との間で,日米同盟の強化,アジア太平洋地域等について意見交換を行います。

    3 フランスでは,パリにおいて,経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会及び世界貿易機関(WTO)非公式閣僚会合に出席するとともに,各国の要人等との会談を行う予定です。

    4 OECD閣僚理事会では,グローバリゼーションを主たるテーマとして,自由で開かれた貿易・投資,将来の加盟国拡大等が議題として議論されるほか,税源浸食及び利益移転防止(BEPS)措置実施条約署名式が行われる予定です。また,WTO非公式閣僚会合では,本年12月にアルゼンチンで開催される第11回WTO閣僚会議(MC11)に向けて着実な成果を得るべく,期待される成果及びその実現に向けた施策について議論される予定です。

    (参考)薗浦外務副大臣訪問日程

    6月4日(日曜日) 成田発
     ワシントンD.C.着
    6日(火曜日) ワシントンD.C.発
    7日(水曜日) パリ着
    8日(木曜日) パリ発
    9日(金曜日) 成田着

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る