報道発表

エジプトに対する円借款「人材育成計画(エジプト・日本教育パートナーシップ)」に関する書簡の交換

平成29年5月2日

  1. 1 本2日(現地時間同日),カイロにおいて,我が方香川剛廣駐エジプト大使とサハル・ナスル投資・国際協力大臣(H.E. Dr. Sahar Nasr, Minister of Investment and International Cooperation)との間で,101億9,200万円を限度とする円借款に関する書簡の交換が行われました。

    2 対象案件の概要
     この計画は,教育・保健セクターの人材育成を推進するため,日本において留学,研修等を実施し,エジプトの持続的経済成長と雇用創出の実現並びに貧困削減・生活水準の向上に寄与するものです。
     2016年2月にエルシーシ・エジプト大統領が日本へ公式訪問した際に発表された「日エジプト共同声明」の中で,両国首脳は,「教育・人材育成が国造りの基礎であり,未来に平和と繁栄の社会を築くため最も重要な事業であるとの信念に基づき,エジプト・日本教育パートナーシップ(EJEP)(PDF)別ウィンドウで開くを策定し,教育分野で協力を促進すること」で一致し,「今後5年間で少なくとも2,500人のエジプト人を日本に受け入れ,結果エジプトから日本への留学生・研修生の受け入れを倍増させる用意がある」ことを表明しました。この計画は,同パートナーシップの一環としてそれらの取組を具体化するものです。

    3 供与条件

    (1)金利0.3%
    (2)償還期間40年(10年の据置期間を含む。)
    (3)調達条件一般アンタイド

    (注)優先条件(固定・基準)(「人材育成分野」に該当)を適用。また,コンサルティングサービス部分の金利は0.01%とする。

    (参考)エジプト・アラブ共和国基礎データ
     エジプト・アラブ共和国は,アフリカ大陸北部に位置し,面積約100万平方キロメートル(日本の約2.6倍)を有し,人口9,151万人,1人当たり国民総所得(GNI)は約3,059ドルの国(2015年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る