報道発表

キューバに対する無償資金協力2件に関する書簡の交換

平成29年3月10日

  1. 1 本10日(現地時間同日),キューバ共和国の首都ハバナにおいて,我が方薗浦健太郎外務副大臣と先方ロドリゴ・マルミエルカ・ディアス・キューバ外国貿易・外国投資大臣(H.E.Mr. Rodrigo Malmierca Díaz, Minister of Foreign Trade and Foreign Investment of the Republic of Cuba)との間で,総額22億6,500万円の下記の無償資金協力案件2件の交換公文の署名が行われました。

    (1)稲種子生産技術向上のための農業機材整備計画(供与限度額12億1,500万円)
    (2)経済社会開発計画(供与額10億5,000万円)

    2 各案件の概要は以下のとおりです。

    (1)稲種子生産技術向上のための農業機材整備計画
     キューバは,貿易収支において大きな輸入超過が続いており,低い食料自給率の向上が優先課題の1つとされています。中でも,同国の主食であるコメの自給率は約4割と低迷しているところ,この協力で,稲種子生産と処理に必要な機材を供与することにより,優良品種の稲種子の増産を図り,同国の農業開発に貢献することが期待されます。

    (2)経済社会開発計画
     キューバは,豊富な天然資源等を有する一方で,物資や資金の深刻な不足に直面し,多くの開発課題を抱えています。環境保全分野では,同国首都ハバナ市において十分な廃棄物収集車の配備やその整備・修理が確保されていないため,24時間稼働に近い過酷な条件での使用を余儀なくされています。
     この協力で,廃棄物収集車等を供与することにより,ハバナ市の廃棄物収集能力の維持・強化を図り,同国の環境問題の改善に貢献することが期待されます。

    (参考)キューバ共和国基礎データ
     キューバは,面積約11万平方キロメートル(本州の約半分),人口約1,139万人(2015年,世界銀行),1人当たり国民総生産(GDP)6,920米ドル(2014年,国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会)


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る