報道発表

ミャンマーに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成29年3月9日

  1.  本9日(現地時間同日),ミャンマーのヤンゴンにおいて,我が方樋口建史駐ミャンマー大使と,先方ニコラス・ジョージ国連プロジェクト・サービス機関(UNOPS)ミャンマー事務所代表代行(Mr. Nicholas George, Director a.i., UNOPS Myanmar)との間で,4億8,700万円の無償資金協力「国民和解・和平構築プロセス支援計画」(UN連携/UNOPS実施)(the Project for Supporting National Reconciliation and Peacebuilding Process)に関する交換公文の署名が行われました。

     この計画は,ミャンマー政府が推進する少数民族武装勢力との和解・和平プロセスを促進し,同国の安定化及び持続的発展のために寄与することを目的とし,そのために必要な資金をUNOPSに供与するものです。
     本計画は,2016年11月に実施された,安倍晋三内閣総理大臣とアウン・サン・スー・チー国家最高顧問との会談において,安倍総理大臣から,現政権の最優先課題である国民和解に関し,和平進展を支えるため,少数民族地域へ5年間で400億円の支援を行う旨表明した支援の一環です。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る