報道発表

岸外務副大臣とペレーラ・スリランカ国家政策・経済担当大臣との会談

平成28年12月21日

英語版 (English)

  • 岸外務副大臣とペレーラ・スリランカ国家政策・経済担当大臣との会談1
  • 岸外務副大臣とペレーラ・スリランカ国家政策・経済担当大臣との会談2
  1.  本21日午後15時30分から約20分間,岸信夫外務副大臣は,訪日中のニローシャン・ペレーラ・スリランカ民主社会主義共和国国家政策・経済担当国務大臣(Hon. Niroshan Perera, State Minister of National Policies and Economic Affairs)と意見交換を行ったところ,概要以下のとおりです。

    1 岸副大臣から,インド洋の要衝であるスリランカとの関係を一貫して重視しており,日・スリランカ両国の伝統的友好関係を更に具体的に進展させていきたい旨,特に,両国間の貿易・投資の一層拡大や,スリランカ経済発展と雇用の拡大に日本企業が協力できる余地は大きく,インフラ整備や投資環境の改善に協力したい旨述べました。

    2 これに対し,ペレーラ国務大臣から,これまでの日本からの支援に謝意を述べるとともに,スリランカ政府として特に,港湾や電力を含むインフラの整備,ビジネス振興,貿易拡大において,日本との関係強化を重視しており,高い技術力を有する日本からの一層の協力を期待する旨,両国の伝統的友好関係を若い世代とともに更に強化していくことが重要である旨述べました。

    (参考)
     ニローシャン・ペレーラ国家政策・経済担当大臣は,12月15日から22日まで外務省の戦略的実務者招へいにより訪日し,経済分野を中心に,政府・民間の関係者との意見交換を行っている。2016年8月にも訪日している。会談歴なし。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る