報道発表

ニジェールに対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

平成28年12月21日

  1. 1 12月20日(現地時間同日),ニジェールの首都ニアメ市において,我が方川村裕駐ニジェール大使(コートジボワールにて兼轄)と先方イブラヒム・ヤクブ外務・協力・アフリカ統合・在外ニジェール人大臣(S.E.M. IBRAHIM Yacoubou, Minister of Foreign Affairs, Cooperation, African Integration and Nigeriens Abroad)との間で,3億3,000万円の無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換が行われました。

    2 ニジェールでは,テロの脅威や周辺国の治安情勢悪化により,南東部のディファ地方を中心に国内避難民,難民,帰還民が生じており,約150万人が慢性的な食糧不足の状況にあります。この協力は,同国政府の要望を踏まえ我が国政府米等を供与することにより,同国の食料安全保障の改善に寄与することを目的として実施するものです。

    3 我が国は,第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,アフリカ諸国の食料安全保障・栄養分野における取組への協力強化を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,本件協力はこれを具体化したものです。

    (参考)ニジェール共和国基礎データ
     ニジェールは,面積約126.7万平方キロメートル(日本の4倍),人口1,990万人(2015年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約390米ドル(2015年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る