報道発表

フィデル・カストロ前キューバ国家評議会議長の逝去を受けた
岸田外務大臣による在京キューバ大使館での弔問記帳及びマルミエルカ外国貿易・外国投資大臣との懇談

平成28年11月28日

英語版 (English)

  1. 1 11月25日,フィデル・カストロ・キューバ前国家評議会議長(Mr. Fidel CASTRO RUZ, former President of the Council of State of the Republic of Cuba)が11月25日(現地時間)が逝去されたことを受け,本28日午後2時40分から約10分間,岸田文雄外務大臣は在京キューバ大使館を訪問し,第2回日本・キューバ官民合同会議のため訪日中の,ロドリーゴ・マルミエルカ・ディアス外国貿易・外国投資大臣(H.E. Mr. Rodrigo MALMIERCA DÍAZ, Minister for Foreign Trade and Foreign Investment)及びカルロス・ミゲル・ペレイラ・エルナンデス駐日キューバ大使(H.E. Mr. Carlos Miguel PEREIRA HERNÁNDEZ,Ambassador of Cuba to Japan)と懇談を行い,その後記帳を行いました。

    2 岸田大臣からは,フィデル前議長の逝去に対しお悔やみを述べたうえで,2015年のキューバ訪問の際にフィデル前議長が,過去に二度訪日し,その際広島も訪問したこと,核廃絶に向けた強い思いを述べられたことなどに触れ,キューバ政府及びキューバ国民に対して,心からの哀悼の意を表しました。これに対し,先方からは深い謝意が示されました。

    3 なお,本28日,岸信夫外務副大臣,薗浦健太郎外務副大臣,武井俊輔外務大臣政務官も同大使館を往訪し,記帳を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る