報道発表

フィデル・カストロ前キューバ国家評議会議長の逝去を受けた岸田外務大臣による弔意メッセージ

平成28年11月26日

英語版 (English)

  1. 本26日,フィデル・カストロ・キューバ前国家評議会議長(Mr. Fidel CASTRO RUZ, former President of the Council of State of the Republic of Cuba)が11月25日(現地時間)に御逝去されたことを受け,以下を内容とする岸田文雄外務大臣発ブルーノ・エドゥアルド・ロドリゲス・パリージャ・キューバ外務大臣(H. E. Mr. Bruno Eduardo Rodriguez Parilla, Minister for Foreign Affairs of the Republic of Cuba)宛の弔意メッセージを発出しました。

    1. フィデル・カストロ前キューバ国家評議会議長の御逝去の報に接し,謹んで御冥福をお祈り致します。
    2. フィデル前議長には,2015年5月に貴国を訪問した際にお会いし,日本に対するとても温かいお話を伺ったことが大変印象に残っています。
    3. フィデル前議長は,過去に二度訪日され,自ら日本との友好関係の発展と相互理解の増進のために尽力されました。また,訪日の際には,私の地元,広島にもお立ち寄りいただきました。そして,議長御退任後も,両国関係の更なる増進に向けて,取り組まれていました。
    4. ここに,日本国政府と国民を代表して,キューバ政府及び国民の皆様並びに御遺族の方々に対し,心から哀悼の意を表します。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る