報道発表

ナウルに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成28年9月21日

  1. 1 本21日(現地時間同日),フィジーの首都スバにおいて,我が方花谷卓治駐ナウル大使(フィジーにて兼轄)と先方キム・アロイ高等弁務官(H.E. Ms. Kim Aroi, High Commissioner of the Republic of Nauru)との間で,供与額2億円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 ナウル共和国は,国内市場が小さく,国際市場も地理的に遠く,外貨獲得手段も限られた状況にあります。今回の協力は,このような厳しい経済・社会状況にある同国に対し,我が国で製造された機材を供与することにより,同国における医療サービス向上等を含む経済社会開発を支援するとともに,アジア太平洋地域における日本製機材の展開にも貢献するものです。

    3 また,本件は,平成27年5月に開催された第7回太平洋・島サミットにおいて,我が国政府が支援を表明した重点分野である「持続可能な開発」に資する協力(PDF)別ウィンドウで開くとして実施するものです。

    (参考)ナウル共和国基礎データ
     ナウルは,面積21.1平方キロメートル(港区とほぼ同じ),人口約1.1万人(2014年,アジア開発銀行),1人当たり国民総所得(GNI)は15.737米ドル(2013年,国連データ)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る