報道発表

ニカラグアに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成28年9月20日

  1. 1 9月17日(現地時間16日),ニカラグアの首都マナグアにおいて,我が方大野正義駐ニカラグア臨時代理大使と先方アルレテ・クリスティナ・マレンコ・メサ総括外務次官兼経済協力庁長官(Honourable Arlette C. MARENCO MEZA, Vice-Minister General,Secretary of Cooperation of the Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Nicaragua)との間で,供与額5億円の無償資金協力(経済社会開発計画)に関する書簡の交換が行われました。

    2 ニカラグアは内戦(1979年から1989年)終了後,経済復興に取り組んできているものの,依然として中南米諸国で最も所得の低い国の一つです。このため,我が国は,同国の持続可能な経済社会発展の推進のため,同国に対し,「経済の活性化に向けた基盤づくり」,「貧困層・地域における社会開発」及び「環境保全と防災」を重点分野とし,様々な協力を行ってきています。

    3 今回の協力は,機材の不足等,保健・医療分野で多くの課題を抱えるニカラグアに対し,その克服のため医療関連機材等を供与するものです。これにより,同国の保健・医療サービスの質の改善を図り,もって同国の経済社会開発に寄与することが期待されます。

    (参考)ニカラグア共和国基礎データ
     ニカラグアは,面積約12万9,500㎢(北海道と九州を合わせた広さ),人口約608万人,人口1人あたりの国民総所得(GNI)1,940米ドル(2015年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る