報道発表

エチオピアに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成28年6月6日

  1. 1 6月3日(現地時間同日),エチオピアの首都アジスアベバにおいて,我が方鈴木量博駐エチオピア大使と,アーメド・シデ財務・経済協力担当国務大臣(H.E. Ahmed Shide, State Minister for Finance and Economic Cooperation)との間で,4億1,000万円の無償資金協力(経済社会開発計画)に関する書簡の交換が行われました。

    2 エチオピアの農業は,GDPの約4割を占める主要産業であり,生産性の向上が急務となっています。肥料の投入は有効な手段とされていますが,肥料を購入することができない小規模農家が多いことから,実際の肥料投入量は望ましいとされる量の約3割であるといわれています。この協力は,エチオピア政府が小規模農家を対象として,市場価格よりも安価に肥料を供給するのを支援することにより,農業生産性の向上を図るものです。

    3 この協力によりエチオピアの農業生産性が高まることにより,農業・農村開発を通じ同国の経済社会開発に寄与することが期待されます。

    4 我が国は,第5回アフリカ開発会議(TICAD V)において,アフリカ諸国の農業,栄養,食料安全保障分野における取組への協力強化を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,今回の協力はそれらを具体化するものです。

    (参考)エチオピア連邦民主共和国基礎データ
     エチオピアは,面積約109.7万平方キロメートル(日本の約3倍),人口9,696万人(2014年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約550米ドル(2014年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る