報道発表

東日本大震災5周年を契機としたTOMODACHIイニシアチブへのパートナーシップ強化に関する覚書への署名

平成28年3月4日

  • 東日本大震災5周年を契機としたTOMODACHIイニシアチブへのパートナーシップ強化に関する覚書への署名1
  1. 1 本4日,東京において,山田美樹外務大臣政務官とアイリーン・ヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長(Ms. Irene Hirano Inouye, President, U.S.-Japan Council)との間で,「TOMODACHIイニシアチブにおけるパートナーシップの強化に関する覚書」への署名が行われました。

    2  この覚書は,昨年11月の米日カウンシル年次総会において安倍晋三内閣総理大臣及び武藤容治外務副大臣がTOMODACHIイニシアチブとのパートナーシップを強化する旨発表したことを受け作成されたもので,具体的な協力内容及び協力の実施体制について定めています。この覚書に基づき立ち上げられた「TOMODACHIパートナーシップ」の下,官民連携による日米の人的交流が一層推進されることが期待されます。

    3  署名式後のレセプションに出席した山田政務官は,挨拶の中で,東日本大震災からの復興及び日米関係の強化を後押しする取組として,TOMODACHIイニシアチブへ別ウィンドウで開くの期待を表明するとともに,河野雅治政府代表が米日カウンシル別ウィンドウで開くの指名を受けてTOMODACHIイニシアチブ・シニア・アドバイザーに就任したことに言及し,同代表の今後の活動への期待を表明しました。

    4  また,署名式に先立ち,山田政務官は,アイリーン・イノウエ米日カウンシル会長,TOMODACHIイニシアチブ参加学生等とのラウンドテーブルに参加し,日米の人的交流,東日本大震災からの復興に向けた取組等について約20分間懇談を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る