報道発表

ベトナムに対する円借款4件に関する書簡の交換

平成28年1月15日

  1. 1 本15日(現地時間同日),ベトナムの首都ハノイにおいて,我が方深田博史駐ベトナム大使と先方ブイ・クアン・ヴィン計画投資大臣(H.E. Mr. Bui Quang Vinh, Minister of Planning and Investment of the Socialist Republic of Viet Nam)との間で,総額951億6,700万円を限度とする円借款4件に関する書簡の交換が行われました。

    2  対象案件の概要

    対ベトナム円借款案件位置図(PDF)別ウィンドウで開く

    (1)南北高速道路建設計画(ダナン-クアンガイ間)(第三期)(North-South Expressway Construction Project (Da Nang - Quang Ngai Section) (III))(300億円)
     ベトナム南北高速道路網の一部である同国中部のダナン-クアンガイ間(全長約130km)において高速道路を建設するものです。中部地域の経済拠点であるダナン市周辺において,交通需要増大への対応や物流の効率化を図ることにより,ベトナム中部地域の経済開発に寄与することが期待されます。

    (2)ラックフェン国際港建設計画(港湾)(第三期)(Lach Huyen Port Infrastructure Construction Project (Port) (III))(322億8,700万円)
     ベトナム北部のハイフォン市において,大型コンテナ船が入港可能な港湾を新たに建設するとともに,周辺基礎インフラの整備を行うもので,経済成長に伴う貨物需要の急増への対応を図ります。また,本件は,日ベトナム合弁企業が荷役機械等の上物整備や運営を行う,いわゆる上下分離型の官民連携案件です。

    (3)ラックフェン国際港建設計画(道路・橋梁)(第三期)(Lach Huyen Port Infrastructure Construction Project (Road and Bridge) (III))(228億8,000万円)
     ベトナム北部のハイフォン市において新たに建設中の港湾へのアクセス道路及び橋梁の整備を行うものです。同港湾は大型船の入港を可能とすべく沖合に建設するため,円滑な物流活動の実現には後背地との間に良好な陸上交通インフラを整備することが不可欠となっています。

    (4)気候変動対策支援プログラム(第六期)(Support Program to Respond to Climate Change (VI))(100億円)
     財政支援と政策対話等を通じてベトナム政府における気候変動の緩和及び適応能力強化並びに気候変動に係る分野横断的課題への対応を図り,支援するものです。

    3 供与条件

    (1)対象案件:上記2(1)

    (ア)金利年1.4%(コンサルタント部分は年0.01%)
    (イ)償還期間30年(10年の据置期間を含む)
    (ウ)調達条件一般アンタイド

    (2)対象案件:上記2(2),(3)

    (ア)金利年0.1%(コンサルタント部分は年0.01%)
    (イ)償還期間40年(10年の据置期間を含む)
    (ウ)調達条件日本タイド

    (3)対象案件:上記2(4)

    (ア)金利年0.3%
    (イ)償還期間40年(10年の据置期間を含む)
    (ウ)調達条件一般アンタイド

    (参考)ベトナム社会主義共和国基礎データ
     ベトナムは,面積32万9,241平方キロメートル,人口9,250万人(2014年,国連人口計画),人口1人当たり国民総所得(GNI)は2,072米ドル(2014年,国際通貨基金(IMF))。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る