報道発表

木原外務副大臣とニャン・ウィン・ミャンマー国民民主連盟中央執行委員会メンバー兼スポークスマンとの昼食会

平成27年12月1日

  • 木原外務副大臣とニャン・ウィン・ミャンマー国民民主連盟中央執行委員会メンバー兼スポークスマンとの昼食会
  1.  本1日午後0時30分より約70分間,木原誠二外務副大臣は,外務省の招へいにより訪日中のニャン・ウィン・ミャンマー国民民主連盟(National League for Democracy:NLD)中央執行委員会メンバー兼スポークスマン(Mr. Nyan Win, Member of Central Executive Committee and Spokesman, NLD)を招いて昼食会を主催し懇談を行ったところ,概要以下のとおりです。

    1 冒頭,木原副大臣から,先般の総選挙においてNLDが大勝したことに対する心からの敬意と祝福を述べるとともに,日本としても,新たな体制発足に向けた対話が進み,政権委譲が円滑に進むよう積極的な役割を果たしつつ,NLD政権の安定に向け,官民を挙げて全力で支援していく決意であることを改めて伝えました。これに対し,ニャン・ウィン氏から,明日2日にアウン・サン・スー・チー議長が,テイン・セイン大統領及びミン・アウン・フライン国軍司令官とそれぞれ面会予定である旨発言がありました。

    2 また,木原副大臣から,ミャンマーの持続的発展に向け,日本企業の経済活動を歓迎する旨のメッセージを心強く感じている,日本の技術と経験を活かすべく,在ミャンマー大使館とNLD関係者との協力関係を更に深め,今後とも引き続き意見交換を行っていきたい旨述べました。これに対し,ニャン・ウィン氏から,農業・農村開発,教育等の分野で日本の技術と経験に根ざした協力を得たいといった発言がありました。

    3 その上で,木原副大臣から,NLDと日本との間で,ミャンマーの民主化と発展,日・ミャンマー関係の強化に向けて意見交換を行いたいので,アウン・サン・スー・チー議長にぜひ早期に訪日いただきたい旨発言したのに対し,ニャン・ウィン氏から,この招待については帰国後,同議長に確実に伝える旨発言がありました。

    4 その他,国内和平,外交等について幅広い意見交換が行われました。

    (参考)主要日程

    11月27日(金曜日) 東京着
     各種表敬・会談(東京)
    28日(土曜日) ミャンマー祭り2015出席
    29日(日曜日) 京都訪問
    30日(月曜日) 同上
    12月1日(火曜日) 各種表敬・会談(東京)
    2日(水曜日) 同上
    3日(木曜日) 東京発

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る