報道発表

コンゴ民主共和国に対する無償資金協力
「カタンガ州ルブンバシ市国立職業訓練校整備計画」に関する書簡の交換

平成27年11月24日

  1. 1 11月21日(現地時間同日),コンゴ民主共和国の首都キンシャサ市において,牛尾滋駐コンゴ民主共和国大使とレイモン・チバンダ・ントゥンガムロンゴ外務・国際協力大臣(H.E.Mr. Raymond TSHIBANDA N'TUNGAMULONGO, Minister of Foreign Affairs and International Cooperation)との間で,供与額32億5,000万円の無償資金協力「カタンガ州ルブンバシ市国立職業訓練校整備計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 コンゴ民主共和国においては,2013年末の同国政府と主要反政府勢力との停戦後,和平プロセスが進展しつつありますが,都市部の人口増加等により,若年層を中心に失業率が高く,治安悪化の一因となっています。かかる状況の下,治安の改善及び経済発展を促す観点からも,職業訓練の充実への取組が同国政府の重点課題となっています。

    3 本件協力は,同国最大規模の公的職業訓練機関であり,在職者・求職者双方の人材開発を担う国立職業訓練機構の中で,国内第一の経済圏であるカタンガ州のルブンバシ校において,施設及び機材を拡充することにより,同校の機能強化を図り,もって同地域の産業人材育成に寄与するものです。

    4 我が国は,2013年6月に開催された第5回アフリカ会議(TICAD V)において,3万人の産業人材育成を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,この協力は同公約を具体化するものです。

    (参考)コンゴ民主共和国基礎データ
     面積約234.5万平方キロメートル(日本の約6倍),人口6,940万人(2014年,国連人口基金),人口一人当たり国民総所得(GNI)は380米ドル(2014年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る