報道発表

アヒム・シュタイナー国連環境計画事務局長による木原外務副大臣表敬

平成27年10月15日

  1. 1 本15日午後3時から約20分間,木原誠二外務副大臣は訪日中のアヒム・シュタイナー国連環境計画(UNEP)事務局長(Mr. Achim STEINER, Executive Director, United Nations Environment Programme)による表敬を受けました。

    2 木原副大臣は,シュタイナー事務局長の訪日を歓迎し,本年は,持続可能な開発のための2030アジェンダの採択や,国連気候変動枠組条約第21回締約国会議等,地球環境問題にとって重要な年であり,来年は,我が国がG7伊勢志摩サミットや第6回アフリカ開発会議(TICAD VI )を主催する中,UNEPの知見に期待する旨述べました。

    3 シュタイナー事務局長は,我が国からの支援に対する謝意を表した上で,大阪市に設置されているUNEP国際環境技術センター(IETC)も活用しつつ,環境保全と経済成長の両立を目指すための投資市場の拡大や,アフリカを始めとする世界的な再生可能エネルギーの導入促進に向けて,日本の優れた環境技術を世界に発信することを期待する旨述べました。

    4 今回の訪日中,シュタイナー事務局長は「地球環境行動会議(GEA)国際会議2015」での基調講演や日本とUNEPの連携強化に向けた我が国政府関係者との政策対話等を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る