報道発表

ニジェールに対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

平成27年9月17日

  1. 1 9月16日(現地時間同日),ニジェール共和国の首都ニアメ市において,我が方川村裕駐ニジェール大使と,カネ・アイシャトゥ・ブラマ外務・協力・アフリカ統合・在外ニジェール人大臣(H.E.Ms. Kané Aïchatou Boulama, Minister of Foreign Affairs, Cooperation, African Integration and Nigeriens Abroad)との間で,供与額4億9,000万円の無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換が行われました。

    2 同国は,国民の約8割が農業収入で生計を立てているものの,近年の干ばつや洪水,降雨災害などの異常気象により,穀物収穫量が減少していることから,需要が供給量を上回っており,穀物全体で約23万トンが不足している状況となっています。また,近年はボコ・ハラムの活動が活発化する近隣諸国からの難民・帰還民の流入により,北部や南東部を中心に食糧不足が深刻化しています。

    3 我が国は,2013年6月に開催された第5回アフリカ開発会議(TICAD V)において,対アフリカ支援策の基本理念である「人間の安全保障」の推進を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,同国が食糧不足に直面している状況に鑑み,飢餓の軽減,栄養状態の改善等を目的として食糧援助を実施するものです。

    4 本年6月18日,イスフ・マハマドゥ・ニジェール大統領(H.E.Mr. Issoufou Mahamadou, President of the Republic of Niger)が実務訪問賓客として来日した際の共同声明(PDF)別ウィンドウで開くにおいて,安倍晋三内閣総理大臣から当面の同国の食料不足に対処すべく更なる支援を検討していることを表明しており,本件支援はこれを具体化したものです。

    (参考)ニジェール共和国基礎データ  ニジェールは,面積約126.7万平方キロメートル(日本の3倍),人口1,853万人(2014年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約430米ドル(2014年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る