報道発表

スーダンに対する無償資金協力「ハルツーム州郊外保健サービス改善計画」に関する書簡の署名・交換

平成27年9月17日

  1. 1 9月16日(現地時間同日),スーダン共和国の首都ハルツーム市において,我が方伊藤秀樹駐スーダン大使と先方バドルッディーン・マフムード・アッバス財務・計画大臣(H.E. Mr. Bader Eldin Mahmmoud Abbas,Minister of Finance and Economic Planning)との間で,供与限度額23億2,000万円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 案件の概要

    (1)スーダンでは,長期の内戦により十分な保健医療サービスが提供されておらず,乳児死亡率,妊産婦死亡率などの母子保健指標が特に低い状況にあります。この理由として医療施設・人材の不足が挙げられています。また,ハルツーム州では,ダルフール等の紛争被災地からの人口流入により人口が増加し,州郊外を中心に保健サービスが不足しています。

    (2)本計画は,人口拡大の進むハルツーム州の郊外地域において,特に不足している二次医療施設の改修・拡張を行うことにより,基礎保健医療サービス提供範囲の拡大と質の向上を図り,もって同国のミレニアム開発目標(MDGs)達成に寄与するものです。

    3 我が国は,2013年6月に開催された第5回アフリカ開発会議(TICAD V)において,アフリカの保健分野における500億円の支援及び12万人の人材育成に加えて,「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」(UHC)の実現に向けた保健システム強化に対して支援していくことを表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,本件協力はこれを具体化するものです。

    (参考)スーダン共和国基礎データ
     スーダン共和国は, 面積約188万平方キロメートル(日本の約5倍),人口3,876万人(2014年),人口一人当たり国民総所得(GNI)は1,550米ドル(2013年)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る