報道発表

アルバニアに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成27年7月30日

  1. 1 7月29日(現地時間同日),アルバニア共和国の首都ティラナにおいて,我が方梅本和義駐アルバニア大使(イタリアにて兼轄)と先方ニコ・ペレシ副首相(His Excellency Niko Peleshi, Deputy Prime Minister of the Republic of Albania)との間で,供与額5億円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 アルバニアは2014年にEU加盟候補国の地位を獲得し,EUの排ガス基準を順次適用していく予定ですが,アルバニア政府機関が有する自動車は老朽化が進んでおり,EUの排ガス基準を満たせない状況です。今回の協力は,アルバニアに対し,環境性能に優れた日本製次世代自動車等を供与することで ,同国の環境保全努力の促進及び経済社会開発を支援するのみならず,当該次世代自動車に対する認知度の向上を図り,継続的な需要を創出するとともに,日本方式の普及を促進し,我が国企業の海外展開を力強く支援するものです。

    3 なお,今回の協力は,気候変動の途上国支援策の一環として実施するものです。我が国としては,全ての国による公平かつ実効性のある国際枠組みの構築に向け,アルバニアと引き続き気候変動分野で連携していきます。

    (参考)アルバニア共和国基礎データ
     アルバニアは欧州南東部のバルカン半島に位置し,面積約2万8,700平方キロメートル(四国の約1.5倍),人口は約289万人(2014年,世界銀行),一人当たり国民総所得(GNI)は約4,460米ドル(2014年,世界銀行)の国。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る