報道発表

エルサルバドルに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成27年7月7日

  1. 1 7月7日(現地時間6日),エルサルバドルのアンティグオ・クスカトラン市において,我が方田良原政隆駐エルサルバドル大使と先方ウゴ・ロヘル・マルティネス・ボニージャ外務大臣(H.E. Mr. Hugo Roger Martinez Bonilla, Minister for Foreign Affairs of the Republic of El Salvador)との間で,我が国中小企業の製品を活用した供与額5億円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 エルサルバドルでは,金融危機による輸出産業の低迷や自然災害の影響による国内消費の落ち込みにより,経済活動が停滞しており,経済の活性化が喫緊の課題となっています。こうした中,同国は,新たな開発5か年計画の策定を進めており,経済社会開発に積極的に取り組んでいます。

    3 この協力は,持続的な経済社会開発に取り組むエルサルバドルに対し必要な資機材を購入するための資金を供与するものです。また今回の協力はエルサルバドルの要望や開発ニーズに基づく,日本の中小企業の製品を供与することを通じ,エルサルバドルの経済社会開発を支援するのみならず,その中小企業の製品に対する認知度の向上を図り,継続的な需要を創出し,我が国の中小企業の海外展開を力強く支援するものです。

    (参考)エルサルバドル共和国基礎データ
     エルサルバドルは,面積約2.1万平方キロメートル(九州の約半分)。人口約634万人(2013年,世界銀行)。人口1人当たりの国民総所得(GNI)は3,720米ドル(2013年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る