報道発表

トーゴに対する無償資金協力「カラ橋及びクモング橋建設計画(本体設計)」に関する書簡の交換

平成27年7月6日

  1. 1 7月3日(現地時間同日),トーゴ共和国の首都ロメ市において,我が方川村裕駐トーゴ共和国大使(コートジボワールにて兼轄)と,ロベール・ドゥセ外務・協力・アフリカ統合大臣(S.E.M. Robert Dussey, Minister of Foreign Affairs, Cooperation and African Integration)との間で,供与限度額31億2,500万円の無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 本協力は,国道17号線上の二橋梁及び取付道路の整備により,当該道路の輸送能力を向上させ,同国及び周辺国における円滑で安定的な国際的物流網の整備及び基礎的社会サービスへのアクセス向上に貢献します。

    3 ニャシンベ大統領は「港湾立国」の実現を目指し,トーゴ回廊を基軸とした国家開発を進めている中,同国公共事業・運輸省は2012年から大規模道路インフラ優先投資計画に係る調査を実施しています。同計画において,同国政府は同回廊の整備,並びに国道及び地方農村部の道路ネットワークの整備を優先ニーズとして掲げており,本協力は同国の方針の促進に寄与することが期待されます。

    4 我が国は,「トーゴロジスティクス回廊開発・整備計画策定調査」において,同回廊全体の分析を行うとともに,効率的・効果的な開発のためのマスタープランを策定しました。本協力は,同調査において最優先で取り組むべき計画の一つとして提言されており,また,2013年6月の第5回アフリカ開発会議(TICAD V)横浜行動計画」にて示された「成長回廊整備(PDF)別ウィンドウで開く」を具体化するものです。

    (参考)トーゴ共和国基礎データ
     トーゴ共和国は,面積約5.68万平方キロメートル(日本の約1/6),人口682万人(2013年,世界銀行),人口1人当たりの国民総所得(GNI)は約530米ドル(2013年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る