報道発表

ブータンに対する一般プロジェクト無償資金協力「国道一号線橋梁架け替え計画」に関する書簡の交換

平成27年3月30日

  1. 1 本30日(現地時間同日),インドの首都ニューデリーにおいて,我が方八木毅駐ブータン大使(インドにて兼轄)と先方ヴェツォプ・ナムギャル駐日大使(H.E. Mr. Vetsop Namgyel, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Kingdom of Bhutan to Japan)(インドにて兼轄)との間で,19億5,600万円を限度とする一般プロジェクト無償資金協力「国道一号線橋梁架け替え計画」(The Project for Reconstruction of Bridges on Primary National Highway No. 1)(案件位置図(PDF)別ウィンドウで開く)の供与に関する書簡の交換が行われました。

    2 この計画は,ブータン国内の東西をつなぐ唯一の幹線道路である国道一号線上に架かる老朽化した3橋を架け替え,橋梁の性能を向上させることにより,効率的・安定的な運輸・交通の確保を図るものです。この協力により,3橋で橋梁耐荷力(合計軸重),車両の平均走行速度及び年平均交通量が増加することに加え,橋梁の安全性が向上することで,物流の促進・円滑化及び地域経済の活性化が期待されます。

    (参考)ブータン王国基礎データ
     ブータン王国は,面積:約38,394平方キロメートル,人口:約73.3万人(2013年,ブータン政府推計),1人当たり国民所得(GNI):2,430米ドル(2013年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る