報道発表

ヨルダン,ギニア,リベリア及びシエラレオネに対するノン・プロジェクト無償資金協力に係る閣議決定

平成27年3月10日

  1. 1 本10日,ヨルダン・ハシェミット王国に対するノン・プロジェクト無償資金協力2案件(供与額:総額20億円)並びにギニア共和国,リベリア共和国及びシエラレオネ共和国に対するノン・プロジェクト無償資金協力(供与額:ギニアに対し7億5,000万円,リベリア及びシエラレオネに対し,それぞれ5億円の合計17億5,000万円)に係る取極の締結に係る閣議決定をしました。

    2 ヨルダンに対する支援は,安倍晋三内閣総理大臣が表明した中東への人道支援の拡充の具体化として,岸田文雄外務大臣が表明した「邦人殺害テロ事件を受けた今後の日本外交」3本柱における中東外交強化の一環として実施するものです。本支援は,多数のシリア難民の受入れに伴い増加したヨルダン政府の財政負担軽減等を目的として,日本製の医療機材・製品等を調達するための資金を供与するものです。

    3 また,ギニア,リベリア及びシエラレオネへの支援は,昨年来のエボラ出血熱の流行により,経済・財政状況の悪化が深刻になっている3か国が経済社会開発の取組を進めるために必要な資機材を調達するためのものです。今回の支援により,我が国のエボラ出血熱対策への貢献は約1億7,300万ドルに上ります。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る