報道発表

第7回太平洋・島サミット(PALM7)のロゴマーク決定

平成26年11月19日

英語版 (English)

  1. 1 本19日,外務省は,2015年5月22日及び23日に福島県いわき市で開催される第7回太平洋・島サミット(The 7th Pacific Islands Leaders Meeting :PALM7)のロゴマークを決定しました。

    2 太平洋・島サミットはPALM(パーム)(Pacific Islands Leaders Meeting)の略称で知られており,ロゴマークの中央はパーム(椰子)及び日本と太平洋島嶼国をつなぐ架け橋を表現する3色の虹で構成されております。また,「キビタン」と「ミュウ」のキャラクターは,PALM7が福島県いわき市で開催されることにちなんだものです。

    キビタン福島県の鳥であるキビタキをモチーフとする福島県のイメージキャラクター
    ミュウいわき市の鳥であるカモメをモチーフとするいわき市のイメージキャラクター

    3 この度決定したロゴマークは,2015年5月31日までPALM7関連事業の公式シンボルとして使用されるほか,PALM7を盛り上げるため,日本と太平洋島嶼国の交流の促進や相互理解の増進に寄与するものと認められる事業についても使用される予定です。PALM7関連事業を通じ,日本と太平洋島嶼国の相互理解が一層深まるとともに,友好関係が更に増進されることが期待されます。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る