報道発表

日・ウルグアイ投資協定交渉の実質合意

平成26年11月14日

  1. 1 今般,2012年12月に開始された日・ウルグアイ投資協定交渉が,9回の交渉会合を経て,実質合意に達しました。

    2 GDP3.2兆ドル,人口2.9億人の巨大な市場である南米南部共同市場(メルコスール)進出への足がかりとして,近年,我が国企業の間でもウルグアイ(GDP557億ドル,人口341万人)に関心が高まっています。本協定は,投資をめぐる法的安定性の向上を目的とするものであり,両国間の投資や投資に伴う人的交流が相互に促進されるとともに,両国の経済関係が一層発展することが期待されています。

    3 今後,双方は,本協定の早期署名及び締結に向け,所定の作業を継続していきます。

    (参考)南米南部共同市場(メルコスール)
     ブラジル,アルゼンチン,ウルグアイ,パラグアイ,ベネズエラ,ボリビアが加盟する関税同盟。域内貿易は原則として関税ゼロの自由貿易圏を形成。GDP約3.2兆ドル,人口約2.9億人。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る