報道発表

第3回日英原子力年次対話の開催

平成26年10月7日

英語版 (English)

  1. 1 10月9日及び10日の両日,外務省において,第3回日英原子力年次対話 が開催されます。

    2 この会合では,日本側から中村吉利外務省軍縮不拡散・科学部審議官が,英国側からロビン・グライムス外務省首席科学顧問(Professor Robin Grimes,FCO Chief Scientific Adviser)が共同議長を務め,日英両国の関係当局及び機関が出席します。

    3 この会合では,原子力安全・規制,廃炉,除染,原子力研究開発等,原子力政策全般に関する意見交換が行われる予定です。

    (参考)日英原子力年次対話について
     2012年4月10日に発表された日英両国首相による共同声明の附属文書である「日英民生用原子力協力の枠組み」において,日英両国が,あらゆる民生用原子力活動における二国間協力を強化するため,高いレベルの年次対話を開始することとされた。これを受け,2012年10月4日及び5日に東京で第1回,2013年10月30日及び31日にロンドンで第2回日英原子力年次対話が開催され,今回はそれに続くもの。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る