報道発表

フィリピンに対する無償資金協力(2件)に関する交換公文の署名

平成26年6月30日

  1. 1 本30日(現地時間同日),フィリピン共和国の首都マニラにおいて,我が方卜部敏直駐フィリピン大使と先方アルバート・デル・ロサリオ外務大臣(Mr. Albert F. del Rosario, Secretary of Foreign Affairs)との間で,2億3,900万円を限度とする無償資金協力「人材育成奨学計画」及び2億円の「日本方式普及ノン・プロジェクト無償(医療・保健パッケージ)」に関する交換公文の署名が行われました。

    2 人材育成奨学計画は,フィリピンの若手行政官等を対象に,日本に留学するために必要な学費等を供与するものです。今回の協力により我が国において育成される人材が,帰国後フィリピンにおいて同国の抱える開発課題の解決に貢献するとともに,両国の相互理解,友好関係の構築に寄与することが期待されます。

    3 日本方式普及ノン・プロジェクト無償(医療・保健パッケージ)は,我が国の優れた医療・保健機材を公立病院等に整備するために必要な資金を供与するもので,平成25年11月にフィリピンを襲った台風ヨランダの被災地域も含めたフィリピンの医療事情の改善を図り,同国の経済社会開発努力を支援するものです。また,こうした支援を通じて,フィリピンの医療・保健分野における日本式医療の普及・定着を促進し,日本企業の同国への事業展開に貢献することが期待されます。

    (参考)
     フィリピン共和国は,面積約30万平方キロメートル,人口約9,401万人(2010年推計値,フィリピン国勢調査),人口一人当たりのGNI(国民総所得)は2,470ドル(2012年)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る