報道発表

フィリピン共和国に対する円借款に関する交換公文の署名

平成25年12月13日

  1. 1 本13日,東京において,日・フィリピン首脳会談後,安倍総理,アキノ大統領の立ち会いの下,我が方岸田外務大臣と先方デル・ロサリオ外務大臣(H.E. Albert F. DEL ROSARIO)との間で,円借款2件に関する交換公文の署名が行われました。

    2 対象案件の概要

    (1)「災害復旧スタンド・バイ借款(Post Disaster Stand-by Loan by the overnment of Japan)」(供与限度額:500億円)
     災害リスクの高いフィリピンにおいて,災害リスク軽減・管理能力向上に係る各種政策の実施促進を図るとともに,災害発生後の復旧において必要となる資金ニーズに備えることにより,フィリピンの災害リスクを軽減し,管理能力を強化するものです。
     供与条件は以下のとおり。

    (ア)金利:年0.01%
    (イ)償還期間:40年(10年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件:一般アンタイド

    (2)「フィリピン沿岸警備隊海上安全対応能力強化計画(Maritime Safety Capability Improvement Project for the Philippine Coast Guard)」(供与限度額:187.32億円)
     フィリピン沿岸警備隊に船舶を供与することにより,沿岸域内での海難救助や海上法執行等の業務を迅速かつ適切に実施するための能力向上を図り,フィリピンの海上安全の向上に寄与するものです。
     供与条件は以下のとおり。

    (ア)金利:年0.1%(コンサルティングサービス部分は0.01%)
    (イ)償還期間:40年(10年の据置期間を含む。)
    (ウ)調達条件:日本タイド

    (参考)
     フィリピンの面積は約30万平方キロメートル(日本の約8割)。人口は約9,401万人(2010年,フィリピン国勢調査),国民1人当たりのGDPは2,612米ドル(2012年,IMF)


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る