報道発表

鈴木外務副大臣とバシル・ラージャパクサ・スリランカ経済開発大臣との会談

平成25年9月26日

  1.  本26日午後0時から約1時間半,鈴木俊一外務副大臣は,我が国の招待により来日中のバシル・ラージャパクサ・スリランカ経済開発大臣(Hon. Mr. Basil Rajapaksa, Minister of Economic Development of the Democratic Socialist Republic of Sri Lanka)との昼食を共にしつつ会談したところ,概要以下のとおりです。

    1 鈴木副大臣より,3年ぶりとなるラージャパクサ大臣の来日を歓迎する旨述べるとともに,インド洋シーレーンのハブとして大きな潜在性を有し,近年経済成長を遂げているスリランカとの一層の関係拡大を期待する旨述べました。

    2 これに対しラージャパクサ大臣より,日本との関係を重視しており,今後様々な分野で二国間関係を強化していきたい,これまでの日本の経済協力に感謝している,日本企業のスリランカへの進出を歓迎する旨の発言がありました。

    3 また,スリランカ情勢について,鈴木副大臣より,北部州議会選挙が平和裡に実施されたことを歓迎するとともに,国際社会の関心の高さも踏まえ,国民和解の実現に向けて引き続き取り組んでいくことを期待する旨述べたのに対し,ラージャパクサ大臣から,スリランカ政府としても,引き続き国民和解に向けた努力を継続する旨の発言がありました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る