報道発表

沖縄のキャンプ・ハンセン付近での米軍ヘリ墜落(岸田外務大臣とルース駐日米国大使との電話会談)

平成25年8月5日

  1. 1. 本5日午後4時頃に沖縄県のキャンプ・ハンセン付近において発生した米空軍嘉手納飛行場所属HH-60ヘリコプターによる事故について,同日午後8時30分頃から約20分間,岸田文雄外務大臣は,ジョン・ルース駐日米国大使と電話で会談し,その中で岸田大臣は,遺憾の意を表明した上で,原因究明と迅速な情報提供と共に再発防止を要請しました。

    2. これに対し,ルース大使からは,日本側の要請を真剣に受け止めたい,米側としても,徹底的な原因究明を行い,情報を提供したい旨の応答がありました。

    【参考】事故の概要(米空軍の発表による。)
    5日午後4時頃,嘉手納飛行場所属の米空軍HH-60ヘリコプター1機が,キャンプ・ハンセン付近で訓練中に墜落した。事故原因については,現在,米側で調査中。

関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る