報道発表

ガザ情勢悪化により被害を受けたパレスチナに対する緊急無償資金協力

令和3年6月4日

 6月4日、我が国は、イスラエルとパレスチナ武装勢力間の衝突により大きな被害を受けたガザ地区に対する支援として、1,000万ドル(10億8,000万円)の緊急無償資金協力を実施することを決定しました。

  1.  今回の協力では、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)、国連開発計画(UNDP)、赤十字国際委員会(ICRC)、及び国連人道問題調整事務所(OCHA)を通じ、食料、がれき除去、水・衛生、新型コロナ対策を含む医療・保健等の人道・復興支援を実施します。
  2.  我が国は、中東和平問題の「二国家解決」に向けた当事者間の信頼醸成を継続するとともに、ガザ地区の緊急支援やその後の復興支援を含め、引き続き積極的な役割を果たしていく考えです。
[参考]国際機関別支援額内訳
・国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)
:530万ドル
・国連開発計画(UNDP)
:280万ドル
・赤十字国際委員会(ICRC)
:170万ドル
・国連人道問題調整事務所(OCHA)
:20万ドル
報道発表へ戻る