報道発表

日・スリランカ外相電話会談

平成27年3月19日

英語版 (English)

  1. 本19日午後2時25分から約15分間,岸田文雄外務大臣は,マンガラ・サマラウィーラ・スリランカ民主社会主義共和国外務大臣(Hon. Mangala Samaraweera, Minister of Foreign Affairs of the Democratic Socialist Republic of Sri Lanka)との間で電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。
     
    1. 冒頭,岸田大臣から,スリランカ新政権の発足とサマラウィーラ大臣の就任に対し祝意を伝えるとともに,日本として歴史的な友好国であるスリランカとの関係を重視しており,先般も城内実外務副大臣をスリランカに派遣したところであり,新政権との間で両国の関係を一層発展させたいとの考えを表明しました。
    2. これに対し,サマラウィーラ大臣から,祝意表明に対し謝意を表するとともに,新政権の民主化促進や国民和解実現に向けた国内措置についての説明がなされました。また,サマラウィーラ大臣は,長年の友人である日本との協力関係をあらゆる分野で一層強化,発展させたいとの意向が表明されました。
    3. また,両外相は,両国間の要人往来を活発化させ,貿易・投資の拡大,海洋分野の協力強化に向け,今後も緊密に連携していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る