報道発表

菅官房長官及び岸田外務大臣とケネディ駐日米国大使の電話会談

平成27年1月25日
1.
シリアでの日本人拘束事案を受け,25日午後1時から岸田文雄外務大臣が,続いて午後1時45分から菅義偉内閣官房長官が,先方の求めに応じキャロライン・ケネディ駐日米国大使とそれぞれ約10分間電話会談を行いました。
2.
ケネディ駐日米国大使からは,シリアでの日本人拘束事案に言及し,湯川遥菜さんの御家族に心よりお悔やみ申し上げると共に後藤健二さんの安全な解放を祈っている,引き続き最も緊密な友好国及び同盟国として日米で連携していきたいとの発言がありました。

報道発表へ戻る