報道発表

北朝鮮情勢を受けた米国及び韓国との連携

令和元年5月9日

    1.  本9日午後,長嶺安政駐韓大使は,訪韓中のスティーブ・ビーガン米国北朝鮮担当特別代表(Mr. Stephen E. Biegun, the U.S. Special Representative for North Korea)及び李度勲(イ・ドフン)韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長との間で,それぞれ電話にて意見交換を行いました。
    2.  また,本9日午後,訪韓中の船越健裕北米局参事官は,同じく訪韓中のマーク・ナッパー米国国務省次官補代理代行(Mr. Marc Knapper, Acting Deputy Assistant Secretary, U.S. Department of State)との間で,電話にて意見交換を行いました。
    3.  いずれの意見交換においても,今般の北朝鮮による何らかの飛翔体の発射の情報を受け,情報を確認・共有していくとともに,引き続き日米,日韓,日米韓で緊密に連携していくことを確認しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る