報道発表

シュワブ世界経済フォーラム会長による河野外務大臣表敬

平成31年3月12日

  • 河野大臣によるシュワブ会長出迎え
  • 河野大臣とシュワブ会長との握手
  • 河野大臣とシュワブ会長との会談

 本12日午後5時55分から約15分間,河野太郎外務大臣は,訪日中のクラウス・シュワブ世界経済フォーラム(WEF)会長(Prof. Klaus Schwab, Founder and Executive Chairman, World Economic Forum)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1.  冒頭,河野大臣から,本年1月に行われた官民連携のための有益なプラットフォームの一つであるダボス会議への招待を感謝する旨述べました。
    2.  これに対し,シュワブ会長から,ダボス会議における河野大臣の積極的な議論への参加に感謝する,自分(シュワブ会長)の初訪日以来,日本は大きな変化を見せてきており自信を感じる,明年,世界経済フォーラムが設立されて50年が経つが,日本と更に協力していきたい旨述べました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る