報道発表

国際原子力機関理事による辻外務大臣政務官表敬

平成31年2月18日

英語版 (English)

  • 国際原子力機関理事による辻外務大臣政務官表敬(会談)
  • 国際原子力機関理事による辻外務大臣政務官表敬(写真撮影)

 本18日,午後3時40分から約20分間,辻清人外務大臣政務官は,訪日中の国際原子力機関(IAEA)理事(エジプト,インドネシア,英国)3名の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1.  冒頭,辻政務官から,今回の訪日を歓迎し,我が国の原子力の平和的利用の取組について理解を深められることを期待する旨述べました。
    2.  辻政務官は,日本はIAEA理事国とともに,北朝鮮の核問題やイランの核合意履行,平和と開発のための原子力といった,天野之弥事務局長のリーダーシップの下でのIAEAの取組を引き続き力強く支援していきたい旨述べました。
    3.  これに対し,IAEA理事は,我が国の招へいに謝辞を述べつつ,今回の訪問では日本の核不拡散,原子力の平和的利用,原子力安全などへの取組に関する理解を深めることができ,日本がIAEAの活動に重要な貢献をしていることへの理解が深まり,日本との連携を引き続き強化していきたい旨述べました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る