報道発表

辻外務大臣政務官とジャニェス・チリ外務省国際経済関係総局長兼貿易副大臣との会談

平成31年1月21日

  • 辻外務大臣政務官とジャニェス・チリ外務省国際経済関係総局長兼貿易副大臣との会談
  • 辻外務大臣政務官とジャニェス・チリ外務省国際経済関係総局長兼貿易副大臣との会談

 本21日午後4時から約30分間,辻清人外務大臣政務官は,TPP委員会出席のため訪日中のロドリゴ・ジャニェス・チリ共和国外務省国際経済関係総局長兼貿易副大臣(Mr. Rodrigo YÁÑEZ, Director General of International Economic Affairs, Vice Minister of Trade, Ministry of Foreign Affairs,Republic of Chile)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1.  冒頭,辻政務官から,日本とチリは民主主義や自由貿易の重要性を認識する点で共通している,本年チリがAPEC議長を,日本がG20の議長を務め,チリも本年G20に参加する中で,相互に良い結果が得られるよう両国で協力していきたい旨述べました。
    2.  これに対し,ジャニェス副大臣から,本年APECでは,自由貿易,デジタル貿易の推進,女性のエンパワーメントなどを重視しており,民間部門も含め,日本と協力していきたい旨述べました。
    3.  更に,辻政務官から,日本は,本年APECにおいて,WTO改革を含む自由貿易の推進,アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)に向けた取組,デジタル貿易を重視している旨述べました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る