報道発表

岸田外務大臣とデ・ヒュフト欧州委員(貿易担当)の会談

平成25年3月25日

  • 岸田外務大臣とデ・ヒュフト欧州委員(貿易担当)の会談 (1)
  • 岸田外務大臣とデ・ヒュフト欧州委員(貿易担当)の会談 (2)
  1.  本25日午後2時50分から約45分間,岸田文雄外務大臣は,訪日中のカレル・デ・ヒュフト欧州委員(貿易担当)(H.E. Mr. Karel De Gucht, European Commissioner for Trade)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

    1.  冒頭,岸田外務大臣から,ファン=ロンパイ欧州理事会議長及びバローゾ欧州委員会委員長の訪日が実現しなかったことは残念であるが,本日予定されている首脳間の電話会談が有意義となるよう期待している,デ・ヒュフト委員の3回目の訪日を歓迎するとともに,日EU経済連携協定(EPA)交渉の推進をはじめ,日EU経済関係の更なる強化に向け協力していきたい旨述べました。
    2.  これに対し,デ・ヒュフト欧州委員から,ファン=ロンパイ議長及びバローゾ委員長の訪日が叶わなかったことをおわびしたい,キプロス支援に関する解決策を今般発表したことを報告したい旨述べました。
    3.  また,岸田大臣から,日EU・EPAについて,自由貿易推進は我が国の対外通商政策の柱であり,アジア太平洋・東アジア地域に加え欧州との間でも高いレベルの経済連携を戦略的に進めたい,EPAを日EU双方の利益に適うものにしたい旨述べました。これに対し,デ・ヒュフト委員から,交渉開始に至るこれまでの日本側の協力を評価しており,日EU間で信頼関係を構築することができた,野心的で包括的なEPAの早期妥結を実現すべく引き続き日本側と協力していきたい旨述べました。
    4.  その他,双方は,G8での協力や,OECDの在り方について意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る