談話

化学兵器禁止機関(OPCW)のノーベル平和賞受賞決定(内閣総理大臣コメント)

平成25年10月11日

英語版 (English)

1 化学兵器禁止機関(OPCW)のノーベル平和賞受賞決定を,心より歓迎します。

2 OPCWは,1997年の設置以降,世界的な化学兵器の全面禁止及び不拡散のために多大な貢献をしてきました。

3 特に,現下のシリアでの化学兵器使用問題への対応においては,国連とともにシリアの化学兵器の完全な廃棄に向けた国際社会の取組を主導してきており,こうしたOPCWの役割を高く評価します。

4 我が国として,引き続き,OPCWの努力を支持し,可能な限りの協力・貢献を行っていく考えです。


このページのトップへ戻る
談話へ戻る