外務大臣談話

エジプトのシナイ半島におけるテロ事件について(外務大臣談話)

平成29年11月25日

英語版 (English)

1 11月24日(現地時間同日),エジプトのシナイ半島北部アリーシュ市におけるテロ事件により多くの死傷者が発生したことに関し,御遺族に対し心からの哀悼の意を表するとともに,負傷者の方々に心からお見舞いを申し上げます。

2 テロはいかなる理由によっても正当化できず,我が国はこのようなテロ行為を断固として非難します。我が国は,エジプト政府及びエジプト国民に対し,強い連帯の意を表します。

[参考]事件概要
 11月24日,エジプトのシナイ半島北部アリーシュ市西部のビール・アルアベドのモスクに対する襲撃事件が発生し,報道によれば,礼拝に参加した少なくとも235名が死亡したほか,多数が負傷した模様(日本時間25日0時30分現在。)。エルシーシ・エジプト大統領は緊急治安会議を招集し,本件対応を協議した。


このページのトップへ戻る
外務大臣談話へ戻る