外務大臣談話

ムナンガグワ・ジンバブエ共和国新大統領の就任について
(外務大臣談話)

平成29年11月24日

英語版 (English)

1 我が国は,エマソン・ダブンゾ・ムナンガグワ・ジンバブエ共和国新大統領(H.E. Mr. Emmerson Dambudzo Mnangagwa)の就任に際し,新大統領の下,新政権が円滑に発足することを期待します。

2 我が国は,同国における民主主義及び経済開発が進展することを期待するとともに,その実現のためのジンバブエの努力を引き続き支援し,両国間の友好・協力関係を更に発展させていく考えです。

[参考]ムナンガグワ・ジンバブエ共和国大統領就任の経緯(以下,現地時間)

  • (1)11月6日,モヨ・メディア・情報・放送大臣は,ムガベ大統領がムナンガグワ第一副大統領を解任した旨発表した。
  • (2)15日未明,ジンバブエ国防軍兵士は,首都ハラレの国営放送局ZBCを占拠し,ムガベ大統領を大統領自宅に軟禁したほか,複数の閣僚を拘束した。
  • (3)19日,与党ZANU-PF(ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線)は,ムガベ大統領から党首の地位を剥奪し,同大統領,グレース大統領夫人及び同夫人支持派の閣僚を除名するとともに,ムガベ大統領に対し,20日正午までに辞任するよう求め,応じない場合には,国会において大統領の解任手続を開始する旨通告した。
  • (4)21日,上下両院総会において,ムガベ大統領の解任手続の審議中,ムデンダ下院議長が,ムガベ大統領による辞任意思表明を読み上げ,同大統領の辞任は直ちに効力を生じた。
  • (5)24日,与党ZANU-PFによる指名を受けたムナンガグワ氏が新大統領に就任した

このページのトップへ戻る
外務大臣談話へ戻る